検索
  • skrsousai

1月19日水曜日 仏滅です。

今日も、昨日に続き、香典のマナーについてです。


●香典の差し出し方

 通夜あるいは葬儀の受付で差し出しますが、まず包んでおいたふくさから

 不祝儀袋を取り出し、先方が読めるよう向きを変えて、両手で渡します。


●香典の郵送

 遠方の場合などは、郵送にしても失礼にはあたりません。


●金額の書き方

 香典袋に書く金額の数字は、旧字体を使用するのが正式ですが、

 略字体でも問題はありません。

 金五千円→金伍千円  金一万円→金壱萬円 二→弐 三→参 十→拾


●金額のタブー

 香典の金額に決まりはありませんが、「四」と「九」は避けた方がよいでしょう。

 偶数を避けるなどの習慣もありますが、「二」は問題ない場合が多いようです。

 地域により習わしがあることが多いので、迷ったら年配者に聞くなどしましょう。



香典は、今ではお金を包んでいますが、昔は食料だったそうです。

香典の「典」は「奠」と書き、霊前に供える金品の意味だとか。

お葬式のマナーには、複雑でわかりにくいものが多いです。

そんなときには、無料事前相談をご活用ください。


047-489-1126  県民葬祭  担当宮崎まで

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ