検索
  • skrsousai

1月18日火曜日 先負です。

今日は、香典のマナーについてです。


●香典について

 香典は、通夜か葬儀のどちらかに持参します。香典を包む不祝儀袋は

 先方の宗教によって選ぶのがマナーですが、一般的には、水引のついた

 市販の不祝儀袋を利用すればいいでしょう。

 表書きは薄墨で書きます。いずれの宗教に使える表書きは「御霊前」です。


●ご霊前とご仏前の違い

 亡くなってから七日、地方によっては四十九日までは霊が存在しているので

 「御霊前」を使い、それ以降は「御仏前」を使用します。


●新札の折り目について

 弔事では、新札を包むのは、用意していたようで失礼という考え方が

 根強くあります。新札の場合は真ん中から折り曲げて線をつけるのが

 決まりです。

 ただし最近では、人に差し上げるのなら綺麗なお札の方がよいという

 考え方もあります。

 袋に入れる際はお札の裏を上向きにするのが一般的です。


●中包みの書き方

 弔事の場合は、中包みの表面には何も書かず、裏面に、金額、

 住所、氏名を入れます。


●上包みの折り方

 上包みの裏側の折り方には決まりがあり、弔事は上を下にかぶせるように

 します。祝い事の場合は良いことが逃げないように下をかぶせ、仏事は

 その逆と覚えておくとよいでしょう。


香典の表書きを薄墨で書くのは、墨をする時間も惜しんで、急いで駆け付けた

ということを表すそうです。また、涙が硯に落ち、墨が薄くなったという悲しい

気持ちも表しているんだそうです。

突然のご不幸に、慌てる事の方が多いと思います。

どんなことでも構いませんので、事前に相談ください。


047-489-1126  県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ