検索
  • skrsousai

1月16日日曜日 先勝です。

今日も昨日に続き、服装のマナーについてです。


参列者の服装

●通夜の場合

 通夜の時は、とくに喪服の必要はなく、地味な平服で構いません。

 ただし、光る素材や派手な装飾品などは避け、アクセサリーはパール、

 結婚指輪くらいにとどめます。これは葬儀も同様です。

 しかし現在では、通夜のみ出席の場合も少なくなく、このような場合には

 喪服を着ます。ただし、遺族より格上にならないようにしましょう。

 通夜・葬儀ともに同じ喪服でいいのですが、通夜はノーアクセサリー、

 葬儀にはパールのネックレスをつけるなど変化をもたせるといいでしょう。


●葬儀には略喪服か準喪服で

 葬儀では参列者も喪服を着用しますが、正式喪服は遺族側が着るものなので、

 略喪服か準喪服にします。


●女性の場合

 女性の和装なら、地味な色無地に三つ紋か一つ紋のついたものに黑い帯を

 締めます。洋装なら、膝が隠れる丈の黒いワンピースやスーツでよいでしょう。

 靴やばっくなどの小物類も黒で統一しましょう。


●男性の場合  

 男性は、黒いスーツにワイシャツ、黒のネクタイが基本ですが、濃紺や

 ダークグレーでもよいとされています。

 急な知らせで職場から直接出向くときなどは、ネクタイと靴下を黒に、

 ハンカチを黒か白に変え、タイピンを外すだけで十分でしょう。


●子供の喪服は

 子供の場合、基本の服装は学校などの制服になります。制服がない場合は、

 黒はもちろん、紺などの地味な色のブレザーにやはり同系色のズボンや

 スカートを合わせると良いでしょう。


御不幸は突然訪れるものです。

急な知らせの為に、備えておくことも大切です。

当社の無料事前相談に遠慮なく、お電話ください。


047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いちにちそうです こちらは、先月の式の明細です。 茜浜ホールでの一日葬です。 ご参考までに投稿しました。 詳しくは無料出張事前相談047-489-1126県民葬祭宮崎まで。

もうすぐ旧暦のお盆ですね。 ご先祖様を自宅にお迎えをして、わずかばかりの時間をご一緒に過ごせる時になります。 普段は忙しくてご先祖様と疎遠になってしまっている方は、この時期にご供養をしてみてはいかがでしょうか? 先月のご葬儀の実例をご紹介いたします。 7月某日 しおかぜホール茜浜の一日葬の請求書をご紹介いたします。 こちらはご宗家にお渡ししたもののコピーです。 こちらのご家族にはこれ以上のご請求は

本日は7月25日から30日まで研修のため臨時休業となります。 ご家族の皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。