検索
  • skrsousai

1月16日日曜日 先勝です。

今日も昨日に続き、服装のマナーについてです。


参列者の服装

●通夜の場合

 通夜の時は、とくに喪服の必要はなく、地味な平服で構いません。

 ただし、光る素材や派手な装飾品などは避け、アクセサリーはパール、

 結婚指輪くらいにとどめます。これは葬儀も同様です。

 しかし現在では、通夜のみ出席の場合も少なくなく、このような場合には

 喪服を着ます。ただし、遺族より格上にならないようにしましょう。

 通夜・葬儀ともに同じ喪服でいいのですが、通夜はノーアクセサリー、

 葬儀にはパールのネックレスをつけるなど変化をもたせるといいでしょう。


●葬儀には略喪服か準喪服で

 葬儀では参列者も喪服を着用しますが、正式喪服は遺族側が着るものなので、

 略喪服か準喪服にします。


●女性の場合

 女性の和装なら、地味な色無地に三つ紋か一つ紋のついたものに黑い帯を

 締めます。洋装なら、膝が隠れる丈の黒いワンピースやスーツでよいでしょう。

 靴やばっくなどの小物類も黒で統一しましょう。


●男性の場合  

 男性は、黒いスーツにワイシャツ、黒のネクタイが基本ですが、濃紺や

 ダークグレーでもよいとされています。

 急な知らせで職場から直接出向くときなどは、ネクタイと靴下を黒に、

 ハンカチを黒か白に変え、タイピンを外すだけで十分でしょう。


●子供の喪服は

 子供の場合、基本の服装は学校などの制服になります。制服がない場合は、

 黒はもちろん、紺などの地味な色のブレザーにやはり同系色のズボンや

 スカートを合わせると良いでしょう。


御不幸は突然訪れるものです。

急な知らせの為に、備えておくことも大切です。

当社の無料事前相談に遠慮なく、お電話ください。


047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ