検索
  • skrsousai

本日は5月12日木曜日先負です

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。

一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。

午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。

時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、

約2時間半位とお考えください。

火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一般的です、もちろん直葬でもお清めの席を設けることも可能ですご相談ください。

お清めの席ですのでお酒等もお出しすることは出来ます、新型コロナウイルス関係で以前はお酒類の提供は禁止されていましたが最近ではお酒も提供できます、もちろんお車の運転される方へのお酒の提供はできません。(5月12日今日現在ですがまた変更がありましたら報告致します)。

県民葬祭は費用等も大変リーズナブルですいつまでこの値段でできるかはわかりませんが、なるべく値上げをしないで頑張っています。


詳しくは無料出張相談047-489-1126県民葬祭 担当宮崎まで。

お電話で日時の予約が出来ます。

もしもの特は24時間365日お電話が繋がります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ

本日は、電話の後流れです。 打ち合わせの内容ですが、最初に決めるのは式の日付けと時間です。 ここでは、檀家になっている方とそうで無い方、無宗教の方に分かれます。 檀家の方から説明致します、まずはお付き合いのあるお寺や神社、に連絡をして頂き亡くなった事をお伝えください、その後都合の良い日時を合わせます。 住職と斎場の空き状況を摺り合わせ日時を決めます、そして斎場を予約します。 住職の予定が第一になる