検索
  • skrsousai

本日は3月5日土曜日仏滅です。

本日は一般葬についてご説明します。

一般葬とは読んで字の如し、今まで世間一般てきに行われていたお葬式の形です。

ご臨終を迎えてお付き合いのある菩提寺に連絡をして、枕経をあげていただく。

その後お通夜の準備をする、このときに葬儀社へ連絡をしたり食事など準備をします。

自宅で葬儀を行うのか、斎場を使うのか、菩提寺で行うのかなどを決め、火葬場の予約などします。

葬儀日程は基本的には菩提寺の都合で決まります、それに合わせて日程を組んでいきます。

お通夜→告別式→火葬→拾骨の順番に行います。

最近では檀家離れも進んでいて、葬儀社の紹介でお坊さんをお願いして家族の都合で日程を組んでいる方も半分くらいおられます。

自宅で葬儀を行うは最近では殆ど無くなってきていますし菩提寺での式も殆ど無くってきています、準備や片づけなど家族が式以外での労力が大変だからですし、式場を借りてしまったほうが楽ですし費用も変わらなくなってきてるからです、もちろん公営斎場の利用が一番選ばれています。


公営斎場は新型コロナの対応も国の基準に準じていますし、安心安全を第一にしています。

公営斎場は住民の皆様に利用をしてもらうために公費を出して税金で作っています。

大手葬儀社の式場はやはり営利目的でできていますので利益を出すために利用料金は高額設定です、公営は非営利です、採算度外視です使わない手はありません積極的に利用しましょう。


無料出張相談は、

公営斎場専門で公営斎場直通取次社の県民葬祭。 047-489-1126県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ