検索
  • skrsousai

本日は3月24日木曜日大安です。

本日は、現代のお葬式の形をしたいと思います。


今は家族構成や過疎化や近所付き合いの簡素化などにより、自宅で葬儀をしない方がほとんどです、それに伴い公営の斎場や葬儀会社の式場の利用がほとんどです。

亡くなった家族の方が接待や式の打ち合わせなど準備などが山ほどあるからです。

その負担を減らすことが出来るのは葬儀社の仕事です、式場や料理、飲み物から司会や会場の設置、役所の手続きなど家族に代行をして負担を減らします。


葬式自体も家族単位での葬式がほとんどで、有名、著名人のように大きな会場でお葬式といったことはほとんどまれです。


そして、いま現在はその家族の思いの形を大切に式を執り行っています。

だんだん昔の形からその家族のカタチに合った式になってきています。


式場も柔軟に対応しています、公営斎場も同じですみなさんも、もっと公営斎場を利用すべきです、そこで公営斎場の経験豊富な公営斎場専門の県民葬祭です。


まよったら事前無料出張相談 047-489-1126県民葬祭 担当宮崎まで

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いちにちそうです こちらは、先月の式の明細です。 茜浜ホールでの一日葬です。 ご参考までに投稿しました。 詳しくは無料出張事前相談047-489-1126県民葬祭宮崎まで。

もうすぐ旧暦のお盆ですね。 ご先祖様を自宅にお迎えをして、わずかばかりの時間をご一緒に過ごせる時になります。 普段は忙しくてご先祖様と疎遠になってしまっている方は、この時期にご供養をしてみてはいかがでしょうか? 先月のご葬儀の実例をご紹介いたします。 7月某日 しおかぜホール茜浜の一日葬の請求書をご紹介いたします。 こちらはご宗家にお渡ししたもののコピーです。 こちらのご家族にはこれ以上のご請求は

本日は7月25日から30日まで研修のため臨時休業となります。 ご家族の皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。