検索
  • skrsousai

本日は2月23日水曜日大安です。天皇誕生日でもあります

本日は久ぶりの更新になります。

いつもとは少し違うお話をいたします。

最近テレビのコマーシャルで「内容が同じならば同じ料金のはず」

と、言うコマーシャルを目にします、これは果たして本当でしょうか?

答えは、合ってもいるし間違ってもいます。

まずは、合っているところは同じ会社であるということが前提です。

葬儀内容は会社によって違いがありますし、同じではありません。

それは、会社の個性でもあるからです。

ですので、同じ内容のお葬式なんて出来るはずもないのです。

各葬儀会社は、自分の会社の得意なところをアピールしますし苦手なところは表立ってこないからです、とは言ってもそこはプロですのでそつなくこなしていますし、平均レベルの結果を出しいるはずです。

どこの職種もそうですが、個性がない会社は生き残れません。

葬儀会社も個性を出しているのです、だから同じ料金にはならないのです。

今の説明で違いのところも説明をしてしまいましたが、あのような宣伝文句が出るというのは今までそこの会社がそういった営業をしてきたことの現れだと私個人的な意見ではありますがそう感じております。


※消費者庁/景表法違反で課徴金1億円/葬儀会社のウェブ表示で(2021年7月8日号)※

 消費者庁は7月2日、葬儀サービスをネット販売するユニクエスト(本社大阪府、重野心平社長)に対し、景表法違反に基づく課徴金納付命令を行った。22年2月3日までに1億180万円の納付を命じた。

 消費者庁は18年12月にも、ユニクエストに景表法の有利誤認で措置命令を行っていた。

 対象となったのは「小さな火葬式」「小さな一日葬」「小さな家族葬」 「小さなお別れ葬」「100名までのお葬式」と称する葬儀サービス。

 自社ウェブサイトで「追加料金一切不要のお葬式」などと表記し、あたかも、葬儀サービスの役務の提供に当たって必要な物品または役務を追加・変更する場合に、記載された価格以外の追加料金が発生しないかのように表示していた。

 ユニクエストは「18年に景表法違反の指摘を受けた段階で真摯に受け止め、ウェブサイトの修正を行った」


こちらは以前の同社「ユニクエスト小さなお葬式」の会社ですの行政指導の内容です。

言わずもがなだと思います。

同業者ながら恥ずかしいかぎりです。

もちろん今現在はこのような表示は行ってはいません。


こういった葬儀社に相談する前に県民葬祭に事前無料出張相談047-489-1126までご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ