検索
  • skrsousai

本日は12月24日金曜日先勝です、クリスマスイブです。

●仏式の法要の概要

 仏式の法要は初七日から百回忌までありますが、三回忌以降は近しい人だけ、三十三回忌以降は普通省略されます。


●初七日

 初七日の法要は、現代の社会情勢に合わせて葬儀当日に遺骨迎えの儀式と併せて行われることが一般的になっていますが、本来は死亡した日から数えて七日目につとめます。


●中陰・四十九日

 死亡してから四十九日間のことを中陰といい、七日ごとに忌日として僧侶に読経をしてもらいます。

これを追善供養といい、最終の四十九日は忌明けの法要として要となります。

この日に納骨が行われることも多く、盛大な法要が営ます。

また、それまでの白木の位牌から本位牌へと魂を移す大切な区切りになります。


●年忌法要

 年ごとの法要を「年忌法要」といい一年後の命日の「一周忌」、二年後に当たる「三回忌」は特に重視されます。


●法要の日時

 法要は原則として命日・忌日に行いますが、最近では列席者集まりやすい日時にすることも多くなっています。


駆け足で法要についてご説明しましたが、初七日は告別式に組み込まれていますし四十九日はきっちり四十九日ではなく墓石屋や、住職の都合や週末に行うことが一般的になっています、ただし四十九日以降にはならないように気を付けてください。


公営斎場や公営の火葬場は年末年始にはあります、この期間は葬儀と火葬ができません。

そのため毎年、年末年始は葬儀の待ちが発生しています、ご了承ください。

詳しい日程は県民葬祭にお問い合わせください。

047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ