検索
  • skrsousai

本日は12月22日水曜日大安です

本日は二十四節気の冬至です。


葬儀後にすることの二回目です。

●香典返し

 通常忌明けの四十九日に合わせていただいた金額のおよそ半分の品物を送る「半返し」が広く一般的です。

会葬者に対し令状とともに品物を送ります。

品物は弔事ということから後に残らないものがよいとされています。

また最近では金額によりコース別に好きな品物を選んで届けてくれる香典返しの方法が増えています。

●香典返しの時期と表書き

 仏式の表書き

「志」「忌明志」「満中陰志」

神式の表書き

「偲草」「志」

キリスト教の表書き

「志」「感謝」「粗品」

こちらの表書きが一般的なものになります。

香典返しも葬儀社に相談すると良いでしょう。


互助会ついて

互助会とは読んで字のごとくお互いに助け合う仕組みですが、現在は互助会を運営せている方のみが恩恵受ける形なります。

少し前まで昭和の時代はお葬式は儲かって、結婚式は赤字になるというのが世間の常識でした、しかし現在では家族葬が一般的になってきており会葬者が減って香典が少なくなって儲けが出る事など稀になってきています、ですので最近では互助会に入ったり葬儀会社の積み立てをするここは無駄です。

積み立てるより積み立てなしでリーズナブルな葬儀社が増えてきています。

互助会の積み立ては解約ができます、解約をお勧めいたします。


完全無料の事前相談は047-489-1126 の県民葬祭です。

お電話一本でご自宅まで伺います。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ