検索
  • skrsousai

本日は12月2日木曜日先勝です。

火葬から帰ってきてからの流れ。

●後飾り

 遺骨は忌明けの四十九日を待つまで納骨できませんのでそれまで遺骨を安置するための「後飾り」を設置する必要があります。{最近では会社勤めの方が多く四十九日前の休日に行う家族も多いです、四十九日前に行いようにしましょうう}

小机に白い布をかけ、線香立てと燭台にろうそく、鈴を置き花や供物を供えます。

部屋に仏壇があるならその前に設置します、ない場合は部屋の北か西に置くと良いでしょう。

●還骨勤行と初七日の法要

 後飾りに遺骨が安置されたら僧侶が同行している場合は読経と焼香をしてもらい、あとから喪主から順に遺族、親族が焼香を行います。

この遺骨迎えの儀式を「還骨勤行」といいます。

この儀式に加え、初七日の法要も同時に済ませてしまうケースも増えています、初七日は本来亡くなった日から数えて七日目に営む法要ですが現代では遠隔地に住む方や多忙な方が増えているため親族や親しい友人が集まっている機会を大事にする心からこの方法は支持され広まっています。


この方法もついこの間までは主流でしたが、最近では告別式に初七日も行い、還骨勤行も行わない方が増えています。

だんだん簡素化が図られています。

それと言うのも最近ではご遺族と親しい親族の方のみで行う家族葬が増えているからです。

県民葬祭では喪主様お一人でもご葬儀を行えます。

人数が少なくても安心してお任せください。

047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いちにちそうです こちらは、先月の式の明細です。 茜浜ホールでの一日葬です。 ご参考までに投稿しました。 詳しくは無料出張事前相談047-489-1126県民葬祭宮崎まで。

もうすぐ旧暦のお盆ですね。 ご先祖様を自宅にお迎えをして、わずかばかりの時間をご一緒に過ごせる時になります。 普段は忙しくてご先祖様と疎遠になってしまっている方は、この時期にご供養をしてみてはいかがでしょうか? 先月のご葬儀の実例をご紹介いたします。 7月某日 しおかぜホール茜浜の一日葬の請求書をご紹介いたします。 こちらはご宗家にお渡ししたもののコピーです。 こちらのご家族にはこれ以上のご請求は

本日は7月25日から30日まで研修のため臨時休業となります。 ご家族の皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。