検索
  • skrsousai

本日は11月8日仏滅です。

いい歯の日(11月8日 記念日)

東京都千代田区九段北に事務局を置き、生涯に亘る「8020運動」や地域における歯科保健医療の一層の普及・推進を目指す公益社団法人・日本歯科医師会(日歯)が1993年(平成5年)に制定。

日付は「いい(11)歯(8)」と読む語呂合わせから。また、4月18日は「よ(4)い(1)歯(8)」と読む語呂合わせから「よい歯の日」となっている。 同会は、「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保ってもらいたい」という願いを込めて、厚生労働省とともに1989年(平成元年)より「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020(はちまるにいまる)運動」を積極的に推進している。これらの記念日は、その「8020運動」推進の一環であり、国民への歯科保健啓発の強化を目的としている。 この日を中心に同会では「笑顔の大切さ」を伝えるための「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」を実施し、その年に最も笑顔の素敵な著名人の男女1名ずつを選出している。 また、「スマイルフォトコンテスト」として、プロ・アマ問わず全国から「とびきりの笑顔」写真を募集し、グランプリ作品と入賞作品を選出し、受賞者への表彰を行っている。その他、全国地方新聞に公告の掲載を行っている。


確かに歯大切ですね、私事ではありますが母は昭和2年生まれのうさぎ年です。

今は特養に入っていますが先日衣替えの依頼があって施設へ伺ったところ体重が少し増えたので今までのサイズより大きいものを用意してくださいと言われました、本人は自覚はあまりなかったみたいですが、家族としては体重が増えるほど食欲があるのでホッとしています。

この仕事をしていますと食欲がなく、ご飯が食べられなるとそんなに長生きはできないよと、よく言われています。

ですので歯が丈夫で何でも美味しく食べられることが長生きの秘訣だと思います。

最近は義歯の進歩もありますので義歯でも美味しく食べられるそうです、食欲は生命の源ですしっかり食べましょう。


葬儀の形

一日葬はお通夜を行わない葬儀形式です。

告別式→火葬という形です、一日葬ですとお坊さんにお経をあげてもらいご供養をしていただけます。

最後のお見送りをゆっくりと心を込めてしていただけるご葬儀です、コロナ後のスタンダードになってきています。

詳しい内容は無料出張事前相談にてとことん納得がいくまでお話ができます。

もちろん24時間365日電話受付しております。

047-489-1126までお電話お待ちしております。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ