検索
  • skrsousai

本日は11月8日仏滅です。

いい歯の日(11月8日 記念日)

東京都千代田区九段北に事務局を置き、生涯に亘る「8020運動」や地域における歯科保健医療の一層の普及・推進を目指す公益社団法人・日本歯科医師会(日歯)が1993年(平成5年)に制定。

日付は「いい(11)歯(8)」と読む語呂合わせから。また、4月18日は「よ(4)い(1)歯(8)」と読む語呂合わせから「よい歯の日」となっている。 同会は、「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保ってもらいたい」という願いを込めて、厚生労働省とともに1989年(平成元年)より「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020(はちまるにいまる)運動」を積極的に推進している。これらの記念日は、その「8020運動」推進の一環であり、国民への歯科保健啓発の強化を目的としている。 この日を中心に同会では「笑顔の大切さ」を伝えるための「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」を実施し、その年に最も笑顔の素敵な著名人の男女1名ずつを選出している。 また、「スマイルフォトコンテスト」として、プロ・アマ問わず全国から「とびきりの笑顔」写真を募集し、グランプリ作品と入賞作品を選出し、受賞者への表彰を行っている。その他、全国地方新聞に公告の掲載を行っている。


確かに歯大切ですね、私事ではありますが母は昭和2年生まれのうさぎ年です。

今は特養に入っていますが先日衣替えの依頼があって施設へ伺ったところ体重が少し増えたので今までのサイズより大きいものを用意してくださいと言われました、本人は自覚はあまりなかったみたいですが、家族としては体重が増えるほど食欲があるのでホッとしています。

この仕事をしていますと食欲がなく、ご飯が食べられなるとそんなに長生きはできないよと、よく言われています。

ですので歯が丈夫で何でも美味しく食べられることが長生きの秘訣だと思います。

最近は義歯の進歩もありますので義歯でも美味しく食べられるそうです、食欲は生命の源ですしっかり食べましょう。


葬儀の形

一日葬はお通夜を行わない葬儀形式です。

告別式→火葬という形です、一日葬ですとお坊さんにお経をあげてもらいご供養をしていただけます。

最後のお見送りをゆっくりと心を込めてしていただけるご葬儀です、コロナ後のスタンダードになってきています。

詳しい内容は無料出張事前相談にてとことん納得がいくまでお話ができます。

もちろん24時間365日電話受付しております。

047-489-1126までお電話お待ちしております。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は12月1日水曜日赤口です。

●火葬から遺骨迎えまでの流れ ①ご出棺 ②火葬 ③精進落とし ➃収骨 ⑤お清め ⑥後飾りの準備 火葬では式場より出棺して斎場の係りの者に棺を預けます。 ●火葬終了まで 火葬が終わるまで一時間から一時間半くらいかかります。控室で待っている間に精進落としを行います。 ●精進落とし 精進落としは、最近では親戚の方や親しい方に生前にお世話になったことへの感謝の気持ちを込めてもてなします。 故人との最後の食

本日は11月30日火曜日 大安です。

今日は、出棺と喪主あいさつについてです。 ◇出棺 告別式が終わりに近づくと、いよいよ出棺です。 祭壇から棺が降ろされ、故人との最後の対面となります。 棺の蓋が開けられますので、合掌してから、「別れ花」で 御遺体の周囲を埋めていきます。 ◇喪主あいさつ 出棺時に喪主は、会葬のお礼、生前の厚誼への感謝などを含み、 簡単にあいさつしましょう。 喪主の隣に遺影を持った遺族が弔問客の方を向いて立ち、 さらに

本日は11月29日月曜日仏滅です

今日は、仏式の葬儀についてです。 ◇葬式と告別式 葬儀は、個人の成仏を願って行われる儀式と、最後のお別れを惜しむ 「告別式」の二つからなります。 滞りなく進めるために、喪主、葬儀委員長を中心に、互いに協力し合う ことが大切です。 ◇仏式葬儀の進行 僧侶が棺の前で仏法を説き「引導」を渡します。続いて弔辞の拝受、 紹介がすんだあと、読経が行われるなか、遺族と親族の焼香が行われます。 僧侶が退室して葬式