検索
  • skrsousai

本日は11月27日土曜日友引です。

本日は友引ですので、火葬場はお休みです。

お通夜は営われますが告別式と火葬は行いません。


●つやぶるまいの閉会

 通夜ぶるまいでは、お酒も入るだけに切り上げ時間を失って延々と続いてしまうことも多いものです。

予定の時間になったら世話役がはっきりと終了を告げるようにしましょう。

この時喪主は閉会のあいさつをします。

●僧侶の見送り

 僧侶に通夜ぶるまいに参席していただいたら、帰りの際はお見送りをします。

この時に葬儀の日時などを確認します。

送迎を行わない場合は「お車代」を渡します。

●弔問客の見送り

 弔問客の見送りは世話役が行い、喪主や遺族は席に座ったまま目礼だけをして見送りをする必要はあれません。

また、弔問客が帰ったら翌日のこともあるので、世話役やお手伝いの人々にもお礼を言い早々に引き取ってまらいます。

後は、遺族が交代で灯明や線香の灯を絶やさないようにします。


ここまでがお通夜の流れになります。

こちらの例はあくまでも今までのしきたりであります、最近ではだいぶ簡素化されています。

世話役などもいないことがほとんどです、世話役は大体葬儀社のものが行います、心配なことがあれば葬儀社にご相談ください。


葬儀という行事は人生にとってそうそう起こることではありません、分からなくて当然ですし、頭では分かっていてもその場で咄嗟に行動できることも稀です、なぜなら大切な人が亡くなっているのですから、しかし予備知識として頭の片隅に置いておいてください。

しかし、こういう情報も知らなければ使いようがありません、是非このブログを見て良かったと思ったら知り合いの方に教えてあげてください、宜しくお願いいします。


047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ