検索
  • skrsousai

本日は11月29日月曜日仏滅です

今日は、仏式の葬儀についてです。


◇葬式と告別式

 葬儀は、個人の成仏を願って行われる儀式と、最後のお別れを惜しむ

 「告別式」の二つからなります。

 滞りなく進めるために、喪主、葬儀委員長を中心に、互いに協力し合う

 ことが大切です。


◇仏式葬儀の進行

 僧侶が棺の前で仏法を説き「引導」を渡します。続いて弔辞の拝受、

 紹介がすんだあと、読経が行われるなか、遺族と親族の焼香が行われます。

 僧侶が退室して葬式はいったん終了し、告別式に移ります。

 再び僧侶が入場し、僧侶の読経が響き渡る中、会葬者の焼香が順に行われ

 告別式の終了となります。


仏式葬儀の流れ

 葬式

 ①一同列席の中、僧侶入場

 ②開式の辞

 ③読経、引導渡し

 ④弔辞拝受、弔電紹介

 ⑤遺族と親族の焼香

 

 告別式

 ⑥一般会葬者の焼香

 ⑦僧侶退場

 ⑧喪主(遺族代表)挨拶

 ⑨閉会の辞


ある年齢を過ぎると、めでたい事より、悲しいことの方が増えてくるように思えます。

その中でも、大切な方とのお別れが一番辛いと思います。

そのお別れを御家族様に寄り添い、故人様に安心して旅立って頂けますよう、

お手伝いさせて頂きたいと思います。


047-489-1126  県民葬祭  担当宮崎


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ