検索
  • skrsousai

本日は11月26日金曜日先勝です。

けんみんかんたんな昨日は仏式のお通夜の簡単な流れを書きましたが、今日はその項目のご説明をします。

◇読経と焼香

 列席者一同が着席したところで僧侶が入場し、着席して読経を始めます。

僧侶による読経が始まったら、列席者はやや頭を下げて静かに聞くようにしましょう。

読経中に、僧侶から「ご焼香を」という指示があったら、喪主から順におおよそ席次に沿って焼香をします。

◇喪主のあいさつ

 僧侶による読経と弔問客の焼香が終わり、僧侶が退室したら喪主或いは代理人が弔問客に対してお礼のあいさつをします。

挨拶の内容は生前お世話になったことの感謝、さらに故人に代わっての弔問客へのお礼などになります。

また、葬儀の時間や場所についての詳しい案内もします。

◇僧侶へのお礼とあいさつ

 喪主は僧侶へお礼とあいさつを行い、通夜ぶるまいにお誘いします。

もし葬家の都合で席を設けない場合、また僧侶が辞退した場合は「御善料」を包み、「お車代」とともに渡すようにします。

◇通夜ぶるまい

 通夜の後に設けられる会食の席を「通夜ぶるまい」といいます。

故人のために集まってくれた弔問客をもてなすもので、死者をしのぶ時間となります。

なお弔問客が多数の場合は、焼香の終わった人から通夜ぶるまいの席へ案内することもあります。

遺族側は無理強いしない程度に、参席をすすめると良いでしょう。

本来は通夜ぶるまいでは精進料理を出していましたが、仕事先から食事もとらずに駆けつける弔問客も多いので、最近では仕出し料理のほか気軽につまめるサンドイッチやお寿司などがよく選ばれているようです。


昔ながらのしきたりよりも、最近の流れで現代にあったカタチのご葬儀が選ばれています。

ぜひ現代のカタチで送る家族葬を県民葬祭で。


047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は、大切なお知らせがございます。 当社県民葬祭の基本料金の変更でございます。 今までは表記金額はすべて税抜価格でしたが今月より税込み価格表記に変更いたしました。 それに伴い昨今の事情に伴い僅かですが値上げをさせていただきました。 ご理解の程よろしくお願い致します。 尚、以前よりの事前出張相談は無料にて好評継続中でございます、事前相談の際に私の名刺をお渡ししますので、もしもの時にその名刺をご提示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト