検索
  • skrsousai

本日は11月26日金曜日先勝です。

けんみんかんたんな昨日は仏式のお通夜の簡単な流れを書きましたが、今日はその項目のご説明をします。

◇読経と焼香

 列席者一同が着席したところで僧侶が入場し、着席して読経を始めます。

僧侶による読経が始まったら、列席者はやや頭を下げて静かに聞くようにしましょう。

読経中に、僧侶から「ご焼香を」という指示があったら、喪主から順におおよそ席次に沿って焼香をします。

◇喪主のあいさつ

 僧侶による読経と弔問客の焼香が終わり、僧侶が退室したら喪主或いは代理人が弔問客に対してお礼のあいさつをします。

挨拶の内容は生前お世話になったことの感謝、さらに故人に代わっての弔問客へのお礼などになります。

また、葬儀の時間や場所についての詳しい案内もします。

◇僧侶へのお礼とあいさつ

 喪主は僧侶へお礼とあいさつを行い、通夜ぶるまいにお誘いします。

もし葬家の都合で席を設けない場合、また僧侶が辞退した場合は「御善料」を包み、「お車代」とともに渡すようにします。

◇通夜ぶるまい

 通夜の後に設けられる会食の席を「通夜ぶるまい」といいます。

故人のために集まってくれた弔問客をもてなすもので、死者をしのぶ時間となります。

なお弔問客が多数の場合は、焼香の終わった人から通夜ぶるまいの席へ案内することもあります。

遺族側は無理強いしない程度に、参席をすすめると良いでしょう。

本来は通夜ぶるまいでは精進料理を出していましたが、仕事先から食事もとらずに駆けつける弔問客も多いので、最近では仕出し料理のほか気軽につまめるサンドイッチやお寿司などがよく選ばれているようです。


昔ながらのしきたりよりも、最近の流れで現代にあったカタチのご葬儀が選ばれています。

ぜひ現代のカタチで送る家族葬を県民葬祭で。


047-489-1126 県民葬祭 担当宮崎


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

家族葬?とは、お身内のみ、それもごく身近な方のみ。 人数的には2人~20人くらいの少人数で行う式になります最近は家族葬という葬儀形式がほとんどです。 少数ですがとおっしゃる方がいらっしゃいますが、ほとんどの方が少人数です。 公営斎場は人数によって会場の大きさを変えることは、殆どありません。 ですので、人数に関係なくご相談ください。

いちにちそうです こちらは、先月の式の明細です。 茜浜ホールでの一日葬です。 ご参考までに投稿しました。 詳しくは無料出張事前相談047-489-1126県民葬祭宮崎まで。

もうすぐ旧暦のお盆ですね。 ご先祖様を自宅にお迎えをして、わずかばかりの時間をご一緒に過ごせる時になります。 普段は忙しくてご先祖様と疎遠になってしまっている方は、この時期にご供養をしてみてはいかがでしょうか? 先月のご葬儀の実例をご紹介いたします。 7月某日 しおかぜホール茜浜の一日葬の請求書をご紹介いたします。 こちらはご宗家にお渡ししたもののコピーです。 こちらのご家族にはこれ以上のご請求は