top of page
検索
  • 執筆者の写真skrsousai

本日は11月24日水曜日大安です

葬儀の内容を決める 二回目

●精進落としの手配  葬儀終了後に行われる「精進落とし」の席は、世話になった僧侶や葬儀の世話係はもちろん、その他の世話になった会葬者への。遺族側からの接待いう意味が含まれます。 これもおおよそ必要数を把握して手配しておきます。 最近では遺族や親族、親しい知人などの場合が多くみられます。 ●遺影は最近の物を  従来は白黒写真とされていましたが、現在は明るい表情のカラー写真が選ばれることが多いようです。 故人の希望があった場合はその写真を、なければ遺族がいいものを選びましょう。 遺影は通夜・葬儀を通じて「顔」となる大切なものです。 選ぶ基準は、表情のいいもので、なるべく正面を向いているもの、故人の人柄がしのばれる一枚であることなどです。 ●弔辞を頼んでおく  葬儀で読んでもらう弔辞は、通夜前までに。親しかった友人や世話になった恩師や恩人などに依頼しておきましょう。 一人から三人ほどの方に依頼するのが一般的です。 依頼の方には、予定の時間や長さなどを伝えることが大切です。 現代では、事前に依頼をせずに頂いた弔電にておこなうことが多いようです。 ●生花・果物・花環・灯篭  生花はお別れの際、棺の中に飾る花としても使用します。 通常は葬儀社が手配をしてくれます。 現代では生花だけで執り行うことが多いようです、葬儀社にお尋ねください。 ●通夜ぶるまい  通夜ぶるまいは、通夜の受付開始後、弔問客の数がおおよそ把握できてから注文する場合もありますが、あらかじめ用意するのが一般的です。 予想人数よりも少し多めに手配します。


色々な項目がありますが、葬儀社と打ち合わせで決まっていきます。

殆どの方が分からない、初めて聞く事ばかりだと思いますそのために葬儀社が有るのです、

一緒に葬儀を作っていきましょう、県民葬祭はご家族と一緒にご家族だけの葬儀をお手伝いします。

047-489-1126までご相談のお電話お気軽に   担当宮崎

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は2月1日木曜日先負です。

当社の葬儀は直葬、一日葬、通夜告別式があるお葬式と三種類ございます。 ●直葬は通夜、告別式のない火葬のみのお葬式です。 ●一日葬は、告別式と火葬になります、最近ではこのご葬儀の形が最も多いです。 ●通夜、告別式のあるお葬式は昔からある伝統的なご葬儀なります。 通夜と告別式をして故人様を送る葬儀です。 お亡くなりなって葬儀のことを考える時間はごく僅かです。 葬儀についてご不安なことがあれば安心葬儀の

本日は4月6日木曜日大安です。

大切なお知らせ、さくら斎場にての事前相談会は誠に勝手ながら中止とさせていただきます。 誠に勝手ながら全日程中止とさせていただきます、申し訳ありません。 なお、ご自宅に伺っての事前相談は承っております。 お気軽に044-7-489-1126または070-6940-7354までお気軽にお電話お待ちしております。 担当宮崎まで。

本日は4月4日火曜日先負です

さくら斎場にて無料相談会を実施していましたが、4月4日と4月5日は 急遽で申し訳ありませんが中止とさせて頂きます、申し訳ありません。 6日以降は開催予定でございます。 よろしくお願いいたします。

bottom of page