検索
  • skrsousai

本日は11月23日火曜日勤労感謝の日、仏滅です。

葬儀の内容を決める

今日は葬儀の内容を決める、をご説明させていただきます。 ●宗教・宗派を決める。  一般的に仏式による葬儀が一番多いようです、神道・キリスト教・等々の宗教がありますが、日本では仏教が歴史的に多数派のようです。 価値観の多様化により。特定の宗教・宗派にこだわらずに行いたいと希望する人も増えています。 葬儀の間近になって遺族と親族がもめたりすることのないよう、本人の意思を確かめ、できれば生前に決めておけば理想的です。 ●予算を決める  ほとんどの場合、一切の手配を民間の葬儀社に依頼することが主流です。 予算や宗教など希望伝え、いくつかのプランを作ってもらうとよいでしょう、県民葬祭はシンプルな3プランになっていますもちろん家族葬が中心です。 予算や希望、会葬者の人数などを考慮して決めることができます。 ●事前打ち合わせ  事前に葬儀社、喪主、の双方で儀式の進行について綿密な打ち合わせを行いましょう。 ●スケジュールを決める  現行の法律では、臨終後24時間以内の遺体の火葬は認められていません。 火葬場の予約状況も確認しなければなりませんが、死亡当日に納棺、翌日の夜に通夜、翌々日に葬儀が設定されるケースができる場合もあります、友引や斎場の予約状況によりお待ちいただく場合があります。 ●会葬者の人数の確定  親族・親戚・ご近所・知人・会社関係、などの人数の把握。 ●会葬礼状  こちらは返礼品の数とのすり合わせになります、おおよその数で結構です。

使った分のご請求になります、多少多めでも余ったものは引き揚げます。

30個準備して15個のあまりならば、15個分の請求になります。

足らなければ参列していただいた方に失礼になります、余裕をもって準備しましょう。


県民葬祭047-489-1126までお電話ください。

閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

家族葬?とは、お身内のみ、それもごく身近な方のみ。 人数的には2人~20人くらいの少人数で行う式になります最近は家族葬という葬儀形式がほとんどです。 少数ですがとおっしゃる方がいらっしゃいますが、ほとんどの方が少人数です。 公営斎場は人数によって会場の大きさを変えることは、殆どありません。 ですので、人数に関係なくご相談ください。

いちにちそうです こちらは、先月の式の明細です。 茜浜ホールでの一日葬です。 ご参考までに投稿しました。 詳しくは無料出張事前相談047-489-1126県民葬祭宮崎まで。

もうすぐ旧暦のお盆ですね。 ご先祖様を自宅にお迎えをして、わずかばかりの時間をご一緒に過ごせる時になります。 普段は忙しくてご先祖様と疎遠になってしまっている方は、この時期にご供養をしてみてはいかがでしょうか? 先月のご葬儀の実例をご紹介いたします。 7月某日 しおかぜホール茜浜の一日葬の請求書をご紹介いたします。 こちらはご宗家にお渡ししたもののコピーです。 こちらのご家族にはこれ以上のご請求は