検索
  • skrsousai

本日は11月22日先負です

通夜、告別式

本日は葬儀に入る前のご説明です。 ●喪主・世話役を決める。  遺族で相談し、喪主をだれにするか決めます。 喪主は、葬儀後に続く法要の際にも施主を務めることになります。 一般的に配偶者や子が喪主をつとめる場合が多いようです ●各世話役をきまる  葬儀にはさまざまな世話役が必要になります。 〇世話役代表  葬儀が滞りなく進むよう全体を見渡して指揮する。 親族や故人の親しい友人、仕事関係者など。 〇受付係  受付にスタンバイし、弔問客に順次記帳をしてもらう。 〇会計係  葬儀関係の現金を管理する。 受付係から香典を受け取り、計算・記帳を行う。 原則として違う立場の信頼のおける人を二名以上立てる。 〇進行係  葬儀の進行をつかさどるので、世話役代表が兼任したり葬儀社に一任する場合も多い。 〇接待係  僧侶や弔問客を茶菓でもてなしたり、遺族や世話役のための食事を準備したりする。 〇車両係  駐車場の案内したり、火葬場までの手配など。 葬儀社か行うことが多いので相談してみましょう。 〇その他  記帳受付係、連絡係、携帯品係、下足係、文書係、供花・供物係、写真係、記録係、炊事係など。 以上の係があります、最近では少なくなっている自宅での葬儀の例になります。 ここに表記しているほとんどが葬儀社で賄われています、当県民葬祭では受付が必要な場合はお願いいします。 お金がかかわることですので、間違いがないようにお身内の方にお願いします。


047-489-1126こちらまでお電話ください。

閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は、大切なお知らせがございます。 当社県民葬祭の基本料金の変更でございます。 今までは表記金額はすべて税抜価格でしたが今月より税込み価格表記に変更いたしました。 それに伴い昨今の事情に伴い僅かですが値上げをさせていただきました。 ご理解の程よろしくお願い致します。 尚、以前よりの事前出張相談は無料にて好評継続中でございます、事前相談の際に私の名刺をお渡ししますので、もしもの時にその名刺をご提示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト