検索
  • skrsousai

本日は11月20日先勝です。

せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち「先(さき)んずれば即(すなわ)ち勝つ」という意味です。時代とともに名称も変遷して、鎌倉、室町時代には「速喜」、江戸時代中~後期の寛政・享和年間には「即吉」とも書かれました。室町・戦国時代の武将の間で、開戦日の吉凶を占うために用いられていたといわれています。万事に急ぐことが良いとされ、「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」とされています。


死亡通知と届け出

本日は役所の届け出についてです。 ●葬儀の日程の連絡  親戚や友人などに死亡した事実を知らせます。 故人と自分の名前、死亡日、通夜・葬儀の場所と日程、喪主名などを具体的に伝えましょう。 また、自分で全員に連絡するのが大変な場合は、周囲の関係者に依頼するとよいでしょう。 さらに隣近所の人たちにも葬儀関係では何かとお世話になることもありますから、死亡と葬儀について伝えておきましょう。 ●役所に死亡届を提出する  人が死亡したときは、医師の死亡診断書ともに、必要項目を記入した死亡届を、死後七日以内に役所に提出することが義務付けられています。 死亡診断書は、病院などで亡くなった場合医師が書いてくれます。 死亡診断書と死亡届は一対になっていて、右側が死亡診断書となっています。 ●火葬許可証と埋葬許可証  死亡届が役所で受理されると「火葬許可証」が発行されます。 これは荼毘に付される際、火葬場にいったん提出し、日時を記入してもらうことになります。 これが埋葬許可証になります。 ※こちらの役所手続きは県民葬祭では、ご家族の方の負担を減らすために代行させていただいております。※ ※火葬、埋葬許可証は市町村によって形式に違いがあります、はじめから二枚出る所もありますが一枚のところもあります、ほとんどのご家族は収骨の時に見ることになります※


もしもの時も県民葬祭047-489-1126までお電話ください。

101回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は12月1日水曜日赤口です。

●火葬から遺骨迎えまでの流れ ①ご出棺 ②火葬 ③精進落とし ➃収骨 ⑤お清め ⑥後飾りの準備 火葬では式場より出棺して斎場の係りの者に棺を預けます。 ●火葬終了まで 火葬が終わるまで一時間から一時間半くらいかかります。控室で待っている間に精進落としを行います。 ●精進落とし 精進落としは、最近では親戚の方や親しい方に生前にお世話になったことへの感謝の気持ちを込めてもてなします。 故人との最後の食

本日は11月30日火曜日 大安です。

今日は、出棺と喪主あいさつについてです。 ◇出棺 告別式が終わりに近づくと、いよいよ出棺です。 祭壇から棺が降ろされ、故人との最後の対面となります。 棺の蓋が開けられますので、合掌してから、「別れ花」で 御遺体の周囲を埋めていきます。 ◇喪主あいさつ 出棺時に喪主は、会葬のお礼、生前の厚誼への感謝などを含み、 簡単にあいさつしましょう。 喪主の隣に遺影を持った遺族が弔問客の方を向いて立ち、 さらに

本日は11月29日月曜日仏滅です

今日は、仏式の葬儀についてです。 ◇葬式と告別式 葬儀は、個人の成仏を願って行われる儀式と、最後のお別れを惜しむ 「告別式」の二つからなります。 滞りなく進めるために、喪主、葬儀委員長を中心に、互いに協力し合う ことが大切です。 ◇仏式葬儀の進行 僧侶が棺の前で仏法を説き「引導」を渡します。続いて弔辞の拝受、 紹介がすんだあと、読経が行われるなか、遺族と親族の焼香が行われます。 僧侶が退室して葬式