検索
  • skrsousai

本日は11月20日先勝です。

せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち「先(さき)んずれば即(すなわ)ち勝つ」という意味です。時代とともに名称も変遷して、鎌倉、室町時代には「速喜」、江戸時代中~後期の寛政・享和年間には「即吉」とも書かれました。室町・戦国時代の武将の間で、開戦日の吉凶を占うために用いられていたといわれています。万事に急ぐことが良いとされ、「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」とされています。


死亡通知と届け出

本日は役所の届け出についてです。 ●葬儀の日程の連絡  親戚や友人などに死亡した事実を知らせます。 故人と自分の名前、死亡日、通夜・葬儀の場所と日程、喪主名などを具体的に伝えましょう。 また、自分で全員に連絡するのが大変な場合は、周囲の関係者に依頼するとよいでしょう。 さらに隣近所の人たちにも葬儀関係では何かとお世話になることもありますから、死亡と葬儀について伝えておきましょう。 ●役所に死亡届を提出する  人が死亡したときは、医師の死亡診断書ともに、必要項目を記入した死亡届を、死後七日以内に役所に提出することが義務付けられています。 死亡診断書は、病院などで亡くなった場合医師が書いてくれます。 死亡診断書と死亡届は一対になっていて、右側が死亡診断書となっています。 ●火葬許可証と埋葬許可証  死亡届が役所で受理されると「火葬許可証」が発行されます。 これは荼毘に付される際、火葬場にいったん提出し、日時を記入してもらうことになります。 これが埋葬許可証になります。 ※こちらの役所手続きは県民葬祭では、ご家族の方の負担を減らすために代行させていただいております。※ ※火葬、埋葬許可証は市町村によって形式に違いがあります、はじめから二枚出る所もありますが一枚のところもあります、ほとんどのご家族は収骨の時に見ることになります※


もしもの時も県民葬祭047-489-1126までお電話ください。

閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ