検索
  • skrsousai

本日は11月20日先勝です。

せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち「先(さき)んずれば即(すなわ)ち勝つ」という意味です。時代とともに名称も変遷して、鎌倉、室町時代には「速喜」、江戸時代中~後期の寛政・享和年間には「即吉」とも書かれました。室町・戦国時代の武将の間で、開戦日の吉凶を占うために用いられていたといわれています。万事に急ぐことが良いとされ、「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」とされています。


死亡通知と届け出

本日は役所の届け出についてです。 ●葬儀の日程の連絡  親戚や友人などに死亡した事実を知らせます。 故人と自分の名前、死亡日、通夜・葬儀の場所と日程、喪主名などを具体的に伝えましょう。 また、自分で全員に連絡するのが大変な場合は、周囲の関係者に依頼するとよいでしょう。 さらに隣近所の人たちにも葬儀関係では何かとお世話になることもありますから、死亡と葬儀について伝えておきましょう。 ●役所に死亡届を提出する  人が死亡したときは、医師の死亡診断書ともに、必要項目を記入した死亡届を、死後七日以内に役所に提出することが義務付けられています。 死亡診断書は、病院などで亡くなった場合医師が書いてくれます。 死亡診断書と死亡届は一対になっていて、右側が死亡診断書となっています。 ●火葬許可証と埋葬許可証  死亡届が役所で受理されると「火葬許可証」が発行されます。 これは荼毘に付される際、火葬場にいったん提出し、日時を記入してもらうことになります。 これが埋葬許可証になります。 ※こちらの役所手続きは県民葬祭では、ご家族の方の負担を減らすために代行させていただいております。※ ※火葬、埋葬許可証は市町村によって形式に違いがあります、はじめから二枚出る所もありますが一枚のところもあります、ほとんどのご家族は収骨の時に見ることになります※


もしもの時も県民葬祭047-489-1126までお電話ください。

閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いちにちそうです こちらは、先月の式の明細です。 茜浜ホールでの一日葬です。 ご参考までに投稿しました。 詳しくは無料出張事前相談047-489-1126県民葬祭宮崎まで。

もうすぐ旧暦のお盆ですね。 ご先祖様を自宅にお迎えをして、わずかばかりの時間をご一緒に過ごせる時になります。 普段は忙しくてご先祖様と疎遠になってしまっている方は、この時期にご供養をしてみてはいかがでしょうか? 先月のご葬儀の実例をご紹介いたします。 7月某日 しおかぜホール茜浜の一日葬の請求書をご紹介いたします。 こちらはご宗家にお渡ししたもののコピーです。 こちらのご家族にはこれ以上のご請求は

本日は7月25日から30日まで研修のため臨時休業となります。 ご家族の皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。