検索
  • skrsousai

本日は11月17日仏滅です。

本日はお亡くなりになった直後の流れをご説明させていただきます。

まずは、看取りからご説明いたします。

看取りとは、最後の瞬間を見届けるといった意味です。

病院からご家族にもう危ないですと言ったようなお知らせがございましたら。

●会わせたい人にすぐに連絡をしてください、危篤状態なったらすぐに会わせたい人に連絡をします。

一般的な連絡の範囲は、親、兄弟、三親等以内の親族友人や知人になります。

ただしあまり行き来のない親族の場合は臨終を迎えてからでも構いません。

●早朝や深夜であっても、「夜分に失礼ですが」「朝早くすみません」と断ったうえで、一刻を争う症状であること、病院なら住所と電話番号など、さらにいつごろまで来てほしいかなど伝えます。

●葬儀の準備を始める

悲しみの中とはいえ、臨終を迎えたらすぐに通夜や葬儀の準備を始めなければなりません。

医師から死亡診断書を受け取り、役所に死亡届を出す必要になります。

さらに、仏式の場合には僧侶や菩提寺への連絡、さらに個人の勤務先や関係団体、学校、隣近所などに速やかに知らせる知らせることも必要です。


いざという時に慌てないためにも県民葬祭の無料出張事前相談をご利用ください。

047-489-112 まで、お電話ください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は、大切なお知らせがございます。 当社県民葬祭の基本料金の変更でございます。 今までは表記金額はすべて税抜価格でしたが今月より税込み価格表記に変更いたしました。 それに伴い昨今の事情に伴い僅かですが値上げをさせていただきました。 ご理解の程よろしくお願い致します。 尚、以前よりの事前出張相談は無料にて好評継続中でございます、事前相談の際に私の名刺をお渡ししますので、もしもの時にその名刺をご提示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト