検索
  • skrsousai

本日は11月15日友引です

本日は、公営斎場と葬儀社式場の違いついてです。

葬儀社の式場と公営の斎場の式場の違いはですが、まずは式場料金です。

公営の斎場はその斎場によって値段が違います、これは葬儀社によって値段が違うので必ず確認をしてください。

公営斎場は市町村によって使える斎場が決まっていますここの確認もしてください、県民葬祭ではすべての斎場を担当していますのでご住所を教えていただければ、担当地区での式場をご案内いたします。

この料金ですが、公営斎場は式場料金、遺族控室、導師控室お坊さんの控室です、精進落としや通夜ぶるまいをするホールが含まれたトータルの料金になります。

一方葬儀社の料金は、公営斎場と内容が大体同じですが、光熱費も請求されます、料金も公営よりも割高です、公営斎場は県民の皆様に使っていただくのを前提で料金設定をしてます、これは住民へのサービス価格です、一方葬儀社は維持管理費、人件費、広告宣伝費、消耗品など様々なお金を含んだ金額になります、当然会社ですので利益を出さなくてはいけないので公営料金よりたいのは当たり前です。

折角公営斎場という住民サービスがあるのですから使わない手はありませんよね、また斎場側も使ってほしいとお待っています、葬儀社が公営の斎場をまねをして設備を整えているのをご存じですか?

公営斎場は必要にして十分、葬儀社の式場は必要以上の装飾、演出で料金を高額にしています。

亡くなった方に過剰な演出が必要でしょうか?生前の感謝の気持ち、家族の絆これだけで十分ではないでしょうか?

支払いの時に高額な請求書に戸惑う前に県民葬祭の無料出張事前相談をぜひご利用ください。

04-489-1126  担当宮崎

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ