検索
  • skrsousai

本日は1月11日火曜日友引です

納骨と埋葬についてです。


●納骨は一年以内に

 遺骨を墓所などに納める納骨は、通常は死後一年以内に行われます。

仏式の場合、忌明けの法要が済んだ日に納骨するケースが一般です。

神式では五十日祭の日にそうとうします。

キリスト教では宗派によって様々ですが、例えば一ヶ月後の昇天記念日などです。


●仮納骨と永代納骨

 新たに墓を購入する予定だがしばらく時間がかかる場合など、遺骨を一時的に霊園の納骨堂に預かってもらうことを仮納骨といい、永久的に遺骨を預けることを永代納骨といいます。


●仏式では「納骨式」

 納骨時は、僧侶による読経が行われ、列席者の焼香が済むと、遺骨は施主の手でお墓の中に埋骨されることになります。

納骨後は、参列してくれた人たちと茶菓子で一服したり、軽食を取りながら故人を偲ぶ時間を持つと良いでしょう。

なお、神式では神職による祝詞奏上、玉串奉奠ののち、参列者が拝礼し玉串を捧げます。

また、キリスト教の納骨式は教会によって違いますが、神父または牧師が聖書を朗読し、参列者の聖歌を歌い、最後に神父または牧師が祈りを捧げます。


ここで、説明をしたものはあくまでも一般的な例になります。

最近では多種多様化をしています、何でもご相談してください。

そこで便利な、無料出張事前相談をご利用ください。

コロナの新基準の家族葬は県民葬祭 047-489-1126こちらまでお電話ください。   担当宮崎です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト

最近主流になっている家族葬とは。 読んで字のごとく家族で弔うお葬式のことです。 以前では、ご近所の方や会社関係など色々な方が参列していました。 今でもそのような形式を取って行う方が多数いらっしゃいますが、本当に家族や親戚や仲良くされていたご友人様など5人~30人位の会葬者様の規模のお葬式が増えてきています。 このくらいの規模が家族葬と考えています。 では、実際の費用は? 費用については、当方ームペ