検索
  • skrsousai

本日は11月4日友引です。

かき揚げの日(11月4日 記念日)

香川県三豊市に本社を置き、各種の冷凍食品の製造・販売を手がけ、全国の量販店・コンビニ・外食産業などに流通させている株式会社「味のちぬや」が制定。

日付は「かき揚げ」はうどんや蕎麦などの麺類に乗せて食べられることが多いことから、カレンダーで「めんの日」の11月11日の上の同じ曜日となる11月4日としたもの。サクサクとした食感と野菜などの具材の美味しさで人気の「かき揚げ」を多くの人に食べてもらうことが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。 かき揚げについて 「かき揚げ」とは、芝海老、魚介類や野菜などを小さく切ったものに小麦粉を用いた衣でまとめ、食用油で揚げた日本料理であり天ぷらの一種である。その名前は「かき混ぜて揚げる」ことに由来する。 他の天ぷらと同様に「天つゆ」や「塩」で味付けをして食べたり、かき揚げ丼・天丼のように丼種として丼飯の上に味付けをして載せて食べたり、蕎麦・うどんに載せたり、ざるそばに添えるなどの食べ方がある。 江戸時代の百科事典のような書物『守貞謾稿』(もりさだまんこう)には「蕎麦屋の天ぷら」は「芝海老」だったと書かれている。最初の「天ぷら蕎麦」は「芝海老のかき揚げ蕎麦」と考えられる。また、明治維新後、天ぷら屋常連客の徳川慶喜は高級磁器の鍋島皿に大きい「かき揚げ」を載せて食べていた。


うどんの日の上の日だそうです、これに似たのは15日の下22日がショートケーキの日だそうです、上にイチゴがあるからだそうです。


友引については以前にご説明いたしましたのでそちらの方をご覧ください。

施設へのお迎えや病院へのお迎えどんなことでも結構です、まずは無料出張事前相談まで。

047-489-1126までお気軽にお電話ください。

担当宮崎です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は、大切なお知らせがございます。 当社県民葬祭の基本料金の変更でございます。 今までは表記金額はすべて税抜価格でしたが今月より税込み価格表記に変更いたしました。 それに伴い昨今の事情に伴い僅かですが値上げをさせていただきました。 ご理解の程よろしくお願い致します。 尚、以前よりの事前出張相談は無料にて好評継続中でございます、事前相談の際に私の名刺をお渡ししますので、もしもの時にその名刺をご提示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト