検索
  • skrsousai

本日は大安です。

大安


読み方…たいあん 大安は「やってはいけないことが何もない日」のこと。この日は大吉だと思われがちですが、「大いに安し」という意味をそのままとると「特に害のない日」となり、実は「小吉」のような日です。ただし、やってはいけないことや凶の時間帯がない分、結婚式などの長い時間帯で執り行われる行事はこの日にすると良いと考えられています。


「大安」と聞いて「大吉」を連想する人も少なくない!?

結婚式などは「大安」に行うのが良いと言われていますが、なぜでしょうか。六曜は、「やってはいけないこと」を考える指標とされるもの。例えば仏滅は「完全なる消滅」を意味し、物質的なものが滅する日なので「物を買うこと」などがやってはいけないことにあたります。大安とはこのやってはいけないことが何もない日のこと。つまり、「大吉」というわけではなく、「特に害のない日」ということで実は「小吉」のような日なのです。ただし、やってはいけないことがない分、結婚式など長い時間帯で執り行われる行事などはこの日にすることで凶の時間帯がなく、良いと考えられています。 ちなみに、かつて賭け事などに「六曜」が使われていた時は、「小吉」の時に賭けても面白くない、と考えられることもあったそうですよ。


無料出張事前相談

いつでも、どこでも出張ご自宅でゆっくり詳しくご説明いたします。

もちろん、自宅以外でも入院先の病院施設などへもお伺いいたします。

いくら掛かるの?亡くなったときはどうするの?ご遺体は迎えに来てくれの?

など、なんでも聞いてください。

まずは無料相談 047-489-1126まで、担当の宮崎がうけたまります。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

本日は、大切なお知らせがございます。 当社県民葬祭の基本料金の変更でございます。 今までは表記金額はすべて税抜価格でしたが今月より税込み価格表記に変更いたしました。 それに伴い昨今の事情に伴い僅かですが値上げをさせていただきました。 ご理解の程よろしくお願い致します。 尚、以前よりの事前出張相談は無料にて好評継続中でございます、事前相談の際に私の名刺をお渡ししますので、もしもの時にその名刺をご提示

先日は、直葬のご案内をしましたが本日は一日葬のご案内をします。 一日葬の流れですが、これはお通夜がなく告別式と火葬を当日中に行うものです。 午前中に告別式と火葬をして昼食を挟んで骨上げ解散の流れになります。 時間は告別式が約1時間、火葬は直葬でも説明しましたが約70分(個人差により多少前後致します)、骨上げが10分で、 約2時間半位とお考えください。 火葬の最中に精進落しのお清めの席を設けるのが一

前回は家族葬の規模についてご説明いたしましたが、今回は葬儀の内容です。 以前にも説明しましたが、葬儀の内容は直葬、一日葬、一般葬の三種類になります。 直葬は最後のお別れが時間にして10分くらいです、その後火葬になりますここで言う火葬とは荼毘に付されるという意味です。 火葬の後骨上げになります、その後に解散という流れです。 全体の時間としては、お別れが10分火葬が70分骨上げが10分くらいです。 ト